小豆が食べられない

万年小豆色ブログ

A smile is the best makeup any girl can wear.

 

 

 

 2月20日石原夏織2nd LIVE「MAKE SMILE」のお話。

1st自体は2018年なのだけど、ツアーとか単独イベントで歌は聴けてますからね。そういえばこのブログもその時に移転したんだっけ(どうでもいい)

 

パシフィコはアイカツフレンズ!このライブ以来かな。

 

まあ、とにかく開催されたことがうれしいよね。最大限の感染対策をし続けたスタッフさん達の労力と努力に感謝ですね。あと医療従事者に感謝の手紙でも書くか。おいしゃさまありがとう!

 

開催中止もやむなしとは思っていたので、当日まで昨今の情勢に辟易しながら過ごしていたのですが、やはり開催までの「ワクワク感」がかなり削がれているような気がしました。これはライブだけでなくイベント全体に言えることなのですが、「現地でやります!⇒オンラインになります!」がこうも続いていくとちょっとね。これも安全を考えてって言うのも分かるんだけど、でもなあという気持ちの方が強い。

当日もランドマークタワー入るくらいまで本当にやるの?みたいな気持ちで不安しかなかったw東京ドームに来たけど当日中止になりました!みたいなやつってどのグループだったっけ。

 

入場前にCOCOAのインストール確認と検温とか消毒とか。 COCOA入れてても結局意味なさそうだけど。関係ないけど最近平熱が少し下がってきた気がします。

会場内で物販やってまーすみたいな声も聴かなくなったのも寂しいものですよね。集ってないではよ入れ!みたいな雰囲気、囚人みある。仕方ないけど。

 

 f:id:Ishiharide:20210312001344j:plain

これ撮るのもめっちゃ間隔開けて整列することになるし、なかなかどうして難しいですね。早く動いてくださーいみたいに言われてズームできんかった。

 

 

 

セットリスト(公式サイトより)

 

Face to Face

Water Front/夜とワンダーランド

 

リトルシング

Crispy love

 

ーShort Movieー”For Your Smile”前編 

 

フィービー・フィービー

ポペラ・ホリカ

You & I

 

ーShort Movieー”For Your Smile”後編

 

Taste of Marmalade

Diorama-Drama

キミしきる

雨模様リグレット/empathy -winter alone ver.-

“ーDancer’s Anthemー ”

Ray Rule

Against.

TEMPEST

 

SUMMER DROP

 

<アンコール> 

Plastic Smile

Page Flip

 

 

 OP映像、東京駅から北陸新幹線で出発します!みたいな映像で、北陸また行きたいな…と思ってしまった。というかコロナから帰省ができていない。仕方ないね。

 

 

Face to Face

なんか始まりはこの曲!ってなりましたよね。言うなればRRRポジション。(声優に)会いたくて会いたくてこの思い止まらねえ!…個人的には『Sunny You』始まりでもいいと思うのですがなかなか披露されませんね。

やはりSunny Youを聴けない人がいるからなのでしょうか…(´・ω・)

 

Water Front/夜とワンダーランド

この2曲はONE DROPの時も思ったけどだいぶ好き。最初は明るい曲で走り抜けていくイメージもあったからここも予想外を付いてきますね。

走り出した~のところ立ってオイオイしたすぎる。曲が強い。

 

リトルシング

「リトルシングはOrange Noteの代わりになって化けますよ!」って視聴動画出た頃からずっと言ってたのですが見事に化けましたね。ダンサーが。

パターン記憶する光る棒(名前が出ないボキャ貧)、「Little Thing」とか文字やハートっぽい何かがクルクル回って忙しそう。ダンサーが。 少しでもズレたらまずそうだし。

 

 

Crispy love

サビの手を顔に近づけていくところが毎回癖になる。

 

 

ーShort Movieー”For Your Smile”前編 

なんか始まったんだけど… コロナ禍の中どこにも行けない人のため?なのか「日帰り旅行のしおりを作って、それで旅行していく」といった今までのライブ幕間映像とは異なる演出。

ってか新潟なんだけど!湯沢なんだけど!北陸新幹線の車両でなんで湯沢??と思いましたがそういう運行形態もあるそうです。まあ上越妙高なんて行っても周りに何もないからな。糸魚川ならおいしいものもあるかと思います。
なんか友人というよりかはやっぱ「それ」目線な感じだったのですが、如何せんそういうの特に…と思ってしまうタイプなので、割と何を見せられてるんだろうという気持ちにはなってしまったw 今までの映像のバラエティっぷりを期待してたからかな(

 

スキー場とはいえ、「そり」って看板を突然脈絡もなくデカデカと映すの反則でしょ。オタク発見装置。

あとボウリングのスコアが(ry

 

 

フィービー・フィービー


石原夏織 2nd LIVE「MAKE SMILE」開催記念/『フィービー・フィービー』振り付け講座

なんで予習してないんですか?って知り合いに煽りましたが初見の人もいるので振付講座が歌の前に行われました。出来るんだけどちょっと長めなのと、2番は歌詞が違うせいで違う振付になって混乱するまでがセット(そのせいか、夜の部では1番と3番(ラスサビ)でお願いします!みたいなMCが加わっていた)

あとこの動画の歌詞間違いを弄ってたw

曲自体はONE DROPの時と同じ印象かな~ 

 

 

ポペラ・ホリカ

すみません!!! 

これ座ってろって、無理じゃない?

今だけ席にバネつけたい。

 

 

You & I

ほほうって感じ。ボンボンでまた古の頭痛がしましたが。

曲が割と短いからすぐ通り過ぎちゃったんだよな。

 

 

ーShort Movieー”For Your Smile”後編

後半は食、温泉、夜イベント。湯沢というか新潟行きたい…

今度行ったときは射的以外回ろうかな(オタク一人で射的は哀しいので)

 

 

Taste of Marmalade

 さすがにミラーボールは降ってきませんでしたがマイクスタンドは残…それもなくなってお椅子が降ってきた。ここも演出変えてくるのか~

 

Diorama-Drama

今回一番化けたかな、と。かっこいい。後ろの映像が歌詞のリズムでめまぐるしく変わって、歌と踊りと映像で3つ楽しめた。BD発売されたら真っ先に見返しそうw

f:id:Ishiharide:20210309024806p:plain

これっぽかった。色味とか。

 

 

キミしきる

歌詞が後ろの映像に映していくタイプのやーつ。その前のかっこよさとはどこへやら、しっとりとした雰囲気の中歌い上げていくところの驚きよ。確かここ少し間が開いたくらいでMCも挟んでなかったよね?はぁ~(言葉を失うボキャ貧)

 

 

雨模様リグレット/empathy -winter alone ver.-

まだ冬?だからこっちのバージョンなのかな?いやもう春か(

1stの中でも雨模様リグレットは特に好きなので今回も聴けてうれしかった。今回は一点に雨というより周りに降っていたような気もした。

 

 

 

“ーDancer’s Anthemー ”

毎回ダンサーのソロパートと4人揃って踊るパートとあるのですが、今回は更にピックアップされてちゃんと名前も出てましたね。moe☆moeさんだけ☆がついてるのもあって何か面白かった。

 

 

Ray Rule

Against.

TEMPEST


石原夏織 5th Single「Against.」MV short ver.【2020.11.4 ON SALE】

毎度おなじみダンスチューン3曲。今回は新曲の『Against.』を含めた形。

白⇒赤青⇒赤といった感じでバランスがいいのかもしれない。僕はアリスリーゼ・ルゥ・ネビュリス9世ちゃん!…アニメの内容はこの前の記事でボロクソに書きましたのでそちらで。

 毎回トリ前に持ってくるのずるいよね~。気持ち昂っちゃうじゃん。TEMPESTでは炎出てきたし、1階席の奥でも割と熱来るんだよね。今まで歌ってきてもなおそれでも衰えないダンスと歌声。これを見に来てるところもある。

 

 

SUMMER DROP

 winterはギリ許せてもさすがに夏じゃないんだが~???

今日もフラペチーノみたいに時間と顔が溶けていきました。

 

 

<アンコール> 

Plastic Smile


石原夏織 6th Single「Plastic Smile」試聴ver.【2021.4.21 ON SALE】

 笑顔だしそういうことありそうだよな~と思ってたら本当に来た宇宙初解禁。エンディング+日常系作品ということもあり、激しめのダンスチューンだった前2曲とは異なる明るめの曲。

 アニメのヒロイン(主人公?)である沙優ちゃんの気持ちの変化も併せて描かれたような歌詞ですよね。4巻で沙優ちゃんの過去も少しだけ伺えて、さて最後となりそうな5巻はどうなっていくだろうというところ。ひげを剃る。そして女子高生を拾う。4 (角川スニーカー文庫)

 『ひげを剃る。そして女子高生を拾う。』ぼくが過去記事にも書いているのでよろしくお願いします。現実目線で見るかどうかで人は選ぶと思いますが、キャラを担当している三島柚葉は本質だと思います。

 

 

Page Flip

 今回のアルバムの〆。『♮Melody』が私らしさで道を踏みしめていく~といった感じに対して、こちらは1日1日を明るく駆け抜けていく爽やかな〆で気持ちがよくなりますね。

 

 

 

☆まとめ?

 開催前に「彼氏面します」ってここで宣言しましたが、一曲目のFace to Faceからバカみたいにサイリウム振ってました。バカなので。じっとなんかしてらんなくね?オタクなので。

…はともかく、曲順としてはアルバム順をベースに、旧曲との構成を考えながら入れ替えを行った…ってところでしょうか。 まだまだ新型コロナの影響で声援が贈れない中、最大限のパフォーマンスを魅せてくれた夏織さんには本当に毎回凄いな、と思うし、スタッフさんの演出も見るたびに進化している気がする。あとは従来通り声が出せるようになってコール&レスポンスでさらに上へ…みたいな?

 

 

開催まで不安だったんですけど、いざ曲がかかるとそういった気持ち全部吹き飛んで、

わくわくしたんですよね。引き込まれた。それだけアーティスト「石原夏織」のライブは見ごたえがある。皆来るべき、やはり推せます。もう推してn年経ちそうなんだが…

 

 

そしてファンクラブ設立。声優アーティストって割とそういうのも多いし作るのかな~と思っていた時期もあったのですがここで発表とは。ラジオとか映像とか最近は追っかけられないことも増えてしまったので、僕としてはこういった供給のある媒体はとても助かるかもしれません。また今までにできなかったこととかがこういった活動で出来ることがあるかもしれないので、これからのお知らせにも期待したいですね。

コロナさえなければね。

 

 

 

 

あ、一つだけ忘れてた。

MAKE SMILEにちなんでもないけど

 

笑顔、好きなんすよね。

 

 

 

 

 

 

そんなこんなで2021年初イベント、初ライブ、最高でした。

夏織さんのアーティスト活動もそろそろ3周年ということで、4年目も駆け抜けていく姿を陰で見守ろうかと思います。

 

 

 

 

 

書き置き

クッションがでかい。おかげで段ボールの処理に困るわw

 

 

ペンライトくんの順番


ピンク

オレンジ
黄色

水色

点滅(例のアレ)

凸凹がある方を押すと逆になる。

色盲っぽくて白と紫の違いがわかりにくかった。

 

 

 

・FtFからの新曲くんたち

フィービー・フィービー
Water Front
夜とワンダーランド
リトルシング
キミしきる
Diorama-Drama
SUMMER DROP
Page Flip(白)

Against.
You & I

大人しいライブなのでサプライズなんてないな!

あるとしても新曲宇宙初解禁とか?

 

 

多分彼氏面ムーブすると思います。
対戦よろしくお願いします。

生生流転

時は10月初め、

ONE DROP終わったしお気持ち表明(記事)書くか~と書いていって6000字くらいにさしかかったところ…

 

誤操作で書いたもの消し飛びました…

 

はてなブログのバカ!もう知らない!ばーかばーか!

 

 

気が付いたら2021年になっておりました。えっ早くない?

はい、というわけで明けました。

新年の挨拶は今年も喪中につき控えさせていただきます。

 

ちなみに年またぎの数分前に寝落ちして全く年明けって感じがしませんでした。起きてても昨今の時世で別に年明けてもどうせCOVIDちゃんと一緒に年明けだしな…とも思ってしまった。初夢は何かどこか走り回ってた記憶がありましたがどこだか覚えてません。

また更新まで数カ月空きましたが身の回りでは特に何もなく、ウイルス君に制限されている日常が続いていますね。緊急事態宣言の煽りを受ける地域ですのでまた面倒な一ヶ月が始まりそう。

幸い親族の中で感染の話は聞いてないのでまだ、いいのですが…

12月頭くらいに37度の熱が来て「ああ、コロナかもしれん…」と諦めを感じつつルルアタックを飲んだら一瞬で治りました。マスクの熱中症みたいなものでした。最近マスクしてて呼吸が苦しくなることがあるけど酸素足りてないかもしれない。

そして年明けにも37度超えて「今度こそ死んだな…」ムードを迎えながらルルアタックを飲んだらやや治りました。ルルアタックはワクチン説。ふざけてないで引き続き体調管理しっかりします…季節の変わり目には弱い。

 

今回は(も)雑に開いた数カ月の出来事?をぶん投げていきます。

 

 

 

 

オタク編

ONEDROPの感想は結局飛んでしまったのでここで。


石原夏織 AUTUMN EVENT「ONE DROP」<1部>ダイジェスト映像


石原夏織 AUTUMN EVENT「ONE DROP」<2部>ダイジェスト映像


石原夏織 AUTUMN EVENT「ONE DROP」<3部>ダイジェスト映像

 やっぱ初披露のこの曲たち良いですよね。いい感じ~の『Water Front』疾走感のある『夜とワンダーランド』、ポップな『SUMMER DROP』、振り覚えろ!の『フィービー・フィービー』、しっとりめバラードの『キミしきる』とここでは披露。『リトルシング』聴きたかったけどそれはまたの機会に。パフォーマンスも時世も?あり若干控えめにも見えた印象。でも歌とダンスは変わらずですね。やはり推せます。もう推してたか。

本渡楓様が司会をなされたということで下々の民である私めにには天上人達の遊びがお目にかかれることだけで至極悦びでございまする。アソビ大全は丁度やってたのもあってウンウン頷いていた。ウサギと猟犬はプレミしなければ猟犬が必ず勝つゲーム。

 演者が手を挙げてるのにこっちは「オイ!オイ」できないのは映像を見ても少し寂しさも感じますね。

 女性声優さんのソロ、歌に重きを置いている人を除けば大体ポップというか明るめでオタクを煽るような曲が多いと思いますし(偏見)、声出しできないというのも枷にはなってますかね~、といったところ。

 

 あ、お気持ち表明は「石原夏織さんのすきなところ」のランキングに入ってた1つの事柄でした。言わないけどね。感性の違い。

 

 

========================================

 

 12月最後のイベントは松岡ななせのライブでした。

今回も完成は禁止だけどスタンディングでいいということで、どういった配置になるんだろうと渋谷のWWW(CLEARNESSのライブと同じ会場)で。入ってみると検温、消毒と進んでいき会場に入ると下にテープで一つ一つ区切られながら、チケットの整理番号の位置で観てください!といった形。

 夜にはジョシュア・K・キリサメさんが登場して『ゼノンザード』の主題歌2曲を歌唱。昨年のライブが中止になってしまったので、ようやく『Da la Doubt』も聴けて良かった。更に今回はなんと新曲が3曲!しかもななせが作詞!ということで非常に高まる!うお~~!!!…とは叫べず。新曲が増えるのは楽しみですがやはり音源化が何かしらの形でできたらじっくり聴きたいところ。ライブやるたびに歌上手くなってるし推せる。もう推してたわ。

今回楽しかったのは「立てた」ことも大きかったかな。着座したまま黙って観てくれって言われたらそれオンラインでええやんとは思ってしまうし、声は出せずとも手は出したい。オタクなのでライブとあれば飛んで行くのですが。

オンラインについてはすぐ下で。

 

 

 イベント参加録(オンラインのみイベントを除く)

 

1月

・Face to FACE大阪公演

・Face to FACE名古屋公演

2月

✖台湾かなんかのイベント(海外はない)

✖ゴ魔乙の舞台(時間を作れず)

・Carry up&up!? 公開収録

・Face to FACE東京公演

8月

・松岡ななせライブ(昼オンライン・夜現地)

9月

・ONE DROP(3回公演)

 10月

・『どうにかなる日々』舞台挨拶(1回)

11月

✖SAO(多忙のため参加できず)

12月

・松岡ななせライブ(昼・夜2公演)

 

まぁ~減りましたね。緊急事態宣言中はもちろんのこと、対面お渡しも無くなり、ライブは歓声禁止。世知辛い世の中になってしまいました。2月の東京公演が未だに忘れられませんね。あそこはギリギリのところでしたけど、いっぱい声出しましたなぁ…

やっぱりイベントって行ってこそ、みたいな所があると思いました。昨今ではオンラインイベントも増えてきたところですが、オンラインでは演者の魅力が十二分に発揮されるかといわれると「そうじゃない」が答えなので、早く安心して現地でニコニコ(オタクスマイルのことです)できる環境が戻ってくるといいな。

 

 

 

漫画編

========================================

 

このマン2位おめでとうございます。マジで面白い。フェルンたむが可愛い。

コミカルなやりとりと、フリーレンの勇者との思い出のテンポと小気味よさがストライク、面白さを説明できないところが面白さ。とにかく読んでください。

 

 

 

 ========================================

 

 

 売れてますよね。読んでみることにしました。

誘拐された挙句、とある大国の後宮に売り飛ばされた薬屋の少女・猫猫(マオマオ)。年季が明けるまで大人しくしようと決めていた猫猫だったが、あるとき皇帝の子どもたちが次々と不審死することを知る。好奇心と少しばかりの正義心、そして薬屋の知識を使い、その謎を調べ始めてから猫猫の運命は大きく変わって…? “なろう”発の大ヒット異色ミステリー、待望のコミカライズ登場です!!

後宮で起こる病気や毒に関して主人公の猫猫が影から解決していく…といった大まかな流れがエピソード別に展開されていく感じ。

 なろう要素としては主人公が毒に強い?とか何でも解決できるところとか?あとは達観したようなモノローグも多めだったかもしれない。

初見は設定考証がしっかりしているサンデーGX版の方がおすすめらしいですが、絵柄が好きなのでビッグガンガン版の方がよさげだったかな。

推理と後宮の人々のやりとり、会話劇が中心だから異世界!雑な戦闘!雑に惚れるヒロイン!みたいなのは無いのとやはり女性人気とかでしょうかね。

 ドラマCDかなんかでは主人公Y.AOIさんだったらしいけど、イメージ的にもうちょっと別の人も良そうな気がする。いやまあYさんのクソ生意気キャラは好きなんですけど。

 

 

========================================

 

 

 倫理の教師って頭おかしい人しかなりませんよね(経験談

それはともかく、なぜ読んだのか…?ドラマが始まるから?というよりかはどこかで宣伝してたのを見たからかな?

生きていくために大切なことは、すべて「倫理」の授業に詰まっている。高校の倫理教師・高柳が悩める生徒たちを導く?

 

「高校の倫理教師が、生徒たちの問題を言葉で解決していく物語」

こう書くとなんか屁理屈か正論ぶっぱして殴るだけの冗長な作品に見えますが、実際にはなかなか奥が深くて読みいるようになりました。

「倫理」って正解は無いんですよね。センターでは暗記ゲーみたいな話ありますけど。だからこそ教師の高柳の言葉も「正解」ではなく、哲学の観点から見た「助言」程度に留めているところが、現代の悩みに寄り添う感じで倫理を選択した生徒一人一人と向き合っていました。哲学には浅いものですが、少しずつ読み進めることで欠片でも理解できたかな。

だからこそ18話のラストは何とも言えない気持ちになりましたね。ヒトを知ろうとすると自分のことが不完全なことを知り嫌いにもなっていくし、おお、もう… とりあえず今後何かしらの形で再登場してほしい。

 

 

 Against.とアニメ編

========================================

 ジャケットの向きが違う~!(小学生並みの感想)

『Against.』『You & I』の2曲。また違う世界見えちゃったな~とか毎回同じ感想抱いてる気がしますが(音楽に造詣が深くないので)TEMPESTと違ったアニソンっぽさ?と、作詞と編曲が『Diorama-Drama』と同じ人なのでその感じも残ってる…でいいのでしょうか?カップリングは作詞の人含めまだまだ未知数ですね。ななせはCDで聴きたい、こっちはライブで聴きたい!とぜいたくな奴ですみません。

 

そしてタイアップとなった『キミ戦』なんですが、なぜこれを令和のこの時代にアニメにしようと思ったのか、ということが一番クエスチョン!クエスチョン!

10年代前半くらいにやってたら作画が良いファンタジーアニメで誤魔化せたかもしれない。

いや原作の人は昔からファンタジーとか描いてきて、ようやく初のアニメ化ということで僕も大丈夫だろうな~と思ってたんですよ。

観てみたらアニメだけでは何と戦ってるのか分からない。王国の何なのか、精霊の何なのかわからない。仮面だの使徒だの上司が出てきてもそれが何なのか分からない。任務を遂行しているのは分かるがそれが何のために行われているのか分からない。分からないままいい感じに共闘してアニメが終わってしまった。

真面目に観てきたつもりなんだけど、

「イスカとアリスの志は一緒だけど、立場が異なるから同じ道は歩めないこと」

「ミスミス隊長が魔女になったこと」

以外にアニメを一回見て物語を説明できる人居ますでしょうか?

いたらぜひ教えてほしい。

 原作読んでくれというリードならまあ許せ…るのか?

 

 ========================================

 2020年アニメ成績?と雑感

 

・冬

『マギアレコード』4話まで。二葉さなが出てしまうので見れない。

『おーばーふろぉ』完走。TLで誰かが下品とか言ってたけどマジで下品だった。そうはならんやろ。

『痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。』完走。主人公が強い言葉を使わなく割とコミカルに描かれていたりして、””主人公の声も相まって””なろう系にし

ては面白かった。サリーが可愛い。

『推しが武道館に行ってくれたら死ぬ』完走。共感性羞恥舞菜が可愛い。

 

・春

『球詠』完走。原作厨ゆえ作画が哀しい。OPはほんとにだーまえ作った?ってくらい謎だった。

かくしごと』完走。久米田作品だから警戒してたけど平和的な完結で良かった。姫ちゃんが可愛い。

かぐや様は告らせたい?』6話まで? 原作読んでたからいいかなと。たぶんいずれ観ます。

 

・夏

ド級編隊エグゼロス』完走。下品だった。白い髪のキャラ、他と比べて下品なシーンが少なくないですか?

『SAO』…観ようと思って結局溜まった。アリシ完結したら手を出すとは何だったのか。

 

・秋

トニカクカワイイ』完走。アニメにしてもダメなものは駄目だった。

安達としまむら』完走。大好き。しまむらが可愛い。

『キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦』完走。上述。

 

その他

プリンセス・プリンシパル』勧められて観てみたけどとても面白かった。映画も今年やるらしいので観に行こう。アンジェが可愛い。

 

某モードのために触りをみたやつ

・『バカとテストと召喚獣』サモンとテストで戦うって何やねんくらいの前知識だったけどコメディチックで面白かった。

・『けんぷファー』主人公が性転換したままでワロタ。

・『陰からマモル!』主人公が普段は冴えない牛乳瓶眼鏡顔で眼鏡外すとイケメンで忍者の子孫でクールに幼馴染を守る……なろう小説かな?

・『ブギーポップは笑わない』僕には合わなかった。割とラノベ初期の重鎮を担っている作品なのは認識してるけど…

 

といった形です。とても前なんでもアニメ録画しまくってた頃とは考えられないラインナップですね。いっぱい観れる人はそれだけで凄いなとは思います。まあ数年前からもうアニオタって感じじゃなくて、ろ(ry

2021年もロクなの観ないかと。下品なアニメ観ることで『〇〇』完走できるかもしれないですね。先は長い。

 

 ========================================

ゲーム編

英雄伝説 空の軌跡 FC Evolution - PS Vita

英雄伝説 空の軌跡 FC Evolution - PS Vita

  • 発売日: 2015/06/11
  • メディア: Video Game
 

Vita買いなおしました。前のやつが壊れて数年、久しぶりに軌跡をやり直したいと思い、中古ショップで購入。

発売して結構経つけど状態いいやつって意外と多いですね。

PSP版も考えましたが今PSP版やったらショートカットとかも出来ないことで無限に時間を費やしそうだし、リメイクって大事ですね。

初期の軌跡、やってて懐かしすぎて泣きそう(FCの最後で展開わかってるのに泣きました

エステルが可愛い。

 

 

 ========================================

 

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~

ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~

  • 発売日: 2020/12/03
  • メディア: Video Game
 

前作「ライザのアトリエ」から3年後、主人公のライザがふとしたことから島から出て冒険をすることになり、道中でかつての友人や新しい仲間、そして妖精と出会うことになる…といったストーリー。

妖精の謎と冒険の目的である遺跡を調査⇒行き詰まったところを錬金術で解決⇒ボス⇒調査完了をひたすら続けてたら気が付いたらクリアしていた。

 

クラウディアたむが可愛い。

 

システムは覚えることが多かったけど理解するととても楽だったし、一気に強くなってヌルゲーになるいつものアトリエ。

ただ、ストーリーがちょっと微妙だったかな。まず遺跡を調査するための理由があやふや。「興味がある⇒そこに遺跡があるらしい」みたいなふわっとした理由で出かけて、「そこに妖精の手がかりがあるかもしれない」だけでいくつもの遺跡を回り続けて、勝手に最後はその妖精が弱ったから元居たところに帰す。パッケージに「君を離さない」って書いてあるのに思いっきり離すやんwってツッコんでしまった。消えたらなんかもう帰るわwとか言って話が終わったのも消化不良感。結局またポッと出の異界がヤバいから封じたよ!…で「1」と結末が同じな気がする。

仲間の入り方もなんか勝手についてきたような雰囲気で(実際そんなことはないのですが)気が付いたら増えてた。まあパティたむも可愛いので同行は許しました。残りは知らん。

 

これ…3はないとしても別主人公とかでまだ同じ世界でやるのかな…?

正直広げるほどの世界の要素が少ないのでどうなるのやら…

 

========================================

 日常?

 

 喪中だけど新年家族と初詣(行ってよかったのかな…)例年よりも外にまったく人が並んでおらず、でも境内の中にはそれなりに人がいてって感じでしたね。そもそもこの時世に元旦初詣って行きたくはなかったけど…

 

 

f:id:Ishiharide:20210108035717j:plain

無駄にヨイショされてたので、今年はできる限り頑張っていきたい。自分だけの生き方ねえ…

まずは

・貯金をする(オタクイベントが減っているので)

・健康第一(自分より他人に迷惑をかけることが申し訳なくなってくるので)

・成長をする(ここ数年惰性で生きている感じなので)

の三本柱で2021年以降の目標かな。当たり前が一番大事なのかも。

 あとは趣味というか手の空いた時でもいいので、漫画を読むこと。思えば昨年の『鬼滅』ブーム、ジャンプ新連載の時2話まで読んで「これも30週くらいで切られちゃうんだろうな…」とか考えてたし、ただ見る目が無かった。

読まず見ずで避けてしまっている作品も多いなとは実感してきているので、読める範囲で少しでも興味があれば触ってみることくらいはしたいなと思います。電子とか、アプリとかも発達しているので選択肢が増えてきてますからね。何かこれ前にもどこかで書いた気がするけど…

即実行してみたので『キン肉マン』を悪魔超人編まで読んでみました。前に1、2巻読んだときギャグクソつまんないからやめたのですが20回なんとかトーナメントからバトル中心になってくれてだいぶ読めるようになりました。すぐ逃げ出して弱気だしなんか必ずピンチ⇒逆転勝ちが基本でそこは少年漫画っぽいな~とか。ギャグ、いらん。あと仲間ポンポン死んだり生き返ったりしてどんな世界だよ…

 

 

話題があるようでそれほど貯まってない毎日です。8000字近くっぽいけどからっぽ。

多分2月半ばくらいまでこんな感じです。宣言中は止まっていた大掃除でも再開しようかと思います。イベント始めは2月の「MAKE SMILE」かな?次のシングルも「Smile」だし、そういうことも考えていいんですよね?翌日のあだしまと併せて備えていきたい(これを書いてる途中ではまだチケットご用意されていない

  

イベント、できるかな? 

 

復帰戦

イベントから2週間経ち、体調もおおむね問題なさそうなので無事書けそうです。

 

 

8月29日、松岡ななせのライブに行ってきました。

事の始まりは6月の終わり。

 

くださいっ♡って言われたから行く~~~~!!!

 

 

 

…は、ともかく。ライブの開催がインスタライブで発表されました。

 

コロナくんでLAVILITHのイベントもどっかいって(事の顛末を把握していない)今年はほぼ0かな~と思ってた矢先。

これはいかねば!と思い友人を誘い、その友人が2部に当選して現地に行けることに。当てられない私はおんぶにだっこ。

 

このご時世考えられることはやはり、

・本当に開催されるのか?

・現地に行くことはリスクしかないのでは?

・現地ではどうやって観ればいいのか?

などなど、多くの疑問と不安を抱えつつ当日まで過ごしていました。

ただ、人数を制限しつつ感染対策も十分に行ったうえでダメだったらしょうがないし、こんなことを気にし続けていたら永遠にイベントができないことになりそうなので、腹を括りつつ、なんやかんや楽しみしていました。

 

1部は会場の近くでリモートで鑑賞しつつ、2部に備えていきます。 

 

当日会場には80人くらいで(よく当てましたね…)、

着席して観てください、とのこと。

 

そしてスタートです。

 

共通して歌った曲

・アンノンフィリング

・Vintage

・→Go ahead!

・CLEARNESS

・変わらないもの(奥華子さん)

あとは1部では2月にやった舞台『ゴ魔乙』のなにか(検索してもほとんどひっかからない!)、2部では『DREAM SOLISTER』とか。

 

1部のアンコールで『キズナSparkling World』歌いだしてお前!!!!!

配信だったので画面の外で暴れてました。現地じゃなくて本当に良かった。

 

新曲『泡沫』

 

1部の転換の際に、謎の映像が流されていきました。内容はななせと海に行っていろいろする、分かりやすく言うとFace to Faceでオンリーユーなバージョンのななせパターンじゃん!みたいな。隣の友人はワンチャン江の島か湘南当たりでは?とか考察していました。汚い浜辺だから沼津の可能性は…ないですね。

その映像が終わった後に映像で使われてたBGMと同じ入りから歌いまして、終わった後に「新曲です!」というサプライズ。

ワ、ワロタ! 『CLEARNESS』以来の新曲!久しぶりの歌声と新曲ということでテンション上げ…たいんだけどなぁ~~~。リエ嬢に作詞をお願いして、中村さんが作曲。強い。強すぎる…(語彙)

 

 そして映像を撮ったのがパパせだということで、これじゃホームビデオじゃん!と思いましたが、もちろんマスクをしてるので口には出すことはありません。

 

 

ファンサ


【MV】ファンサ/mona(CV:夏川椎菜)【HoneyWorks】

急に「小道具使う」とかいって

「もっと!」とか書かれたうちわを持ってきて、何を歌うのかと思っていた曲。

隣の友人が『ファンサ』って言った瞬間にバン!と物音立ててました。Vの知識で音楽の素養対決に敗北してしまった。

僕の中で「もっと!」といえばアレなのでアレじゃなくて本当に良かったです。

 

普通に原曲も好き~!ですね。「絶対に目が合った、そう信じてる。」とか言い出す人も気のせいじゃないし、恋しちゃっていいらしいですよ。優しい世界だなあ。

あと夏川の歌声初めて聴いた。”トライセル”に詳しくないのでどこを誰が歌ってるのか全く分からない。

 

夜の部では質問?雑談?コーナーと題してライブ中にいきなり弁当を食べだすという謎のアクションを起こしたり*1、「松岡ななせ」であいうえお作文したら全部「かわいい!」で終わって自分で自分を褒めたたえるところも、らしいなと。

 

とまあ今の持てる限りを全て?出しながら、僕たちもマスクの下でうおおおおと思いながら軽く手を振ったりクラップしたりしかできませんでしたがエールを送りつつ、互いにとって"異質"な、"今の時代におけるライブ"が終了しました。

 

 

・配信

配信ではウェイウェイしておりました。配信のメリットは家でも見られること、好きな時にコールとか自分で入れられちゃうとこでしょうか。今回画質は少し微妙でしたが、歌を聴ける、行けない人たちにもぜひ見てほしいという取り組みがこのご時世、重視されていくのかな~

 

 

・現地

生ななせ…マジで久しぶり…

去年のCLEARNESS以来で、2月の舞台には行けず、4月ごろに決まっていた舞台も中止が決まりでご無沙汰でございました。

 見るたびに成長を感じられて良いんですよね。そして2部ではこれからの目標を聞いて、なるほどなと思いつつ、この先どうなっていくのかなとも思いつつ。実現したら面白そうだし、どうなっていくのでしょうか…?

 

 

・まとめ

 

一言で言います。

やっぱり現地じゃないと我慢できねえ。

 

コロナくんはさっさと廃れてほしい。

対戦ありがとうございました。月末もよろしくお願いします。

 

*1:名古屋ディアステでライブ中に手羽先食べてましたが

久闊を叙する

 

お久しぶりでございます。

3カ月以上ぶりの更新になります。

 

更新してない理由はもう簡単で、コロナウイルス君が蔓延る昨今、イベントが完全に消えてしまってネタ切れ~状態になってしまったからです。

以前のブログなら適当な文書いてはい更新!してたのですがそんな適当な文すら書くネタがなかった。

3カ月経てばさすがに1クールドラマやアニメが終わってるくらいですし少しだけ頑張ります。

 

タイトルの言葉の意味が分からない人は調べてください。僕も調べました。 

 

はい、ここまで前置き~

 

 

 

 

 

 

①『Water Drop』発売!

 

石原夏織 2ndアルバム「Water Drop」[通常盤]

石原夏織 2ndアルバム「Water Drop」[通常盤]

  • アーティスト:石原夏織
  • 発売日: 2020/08/05
  • メディア: CD
 

 前の記事の頃って発売発表されてたっけ?ってくらい記憶があいまいですが、発売されてました。これもコロナちゃんの影響で対面でのお渡し会が中止になりオンラインへ移行、リリースイベントも大阪公演が中止となり東京のみの席数減での開催。つらい…

たぶん全部は当たらないと思うので、外れた回はリモートで会場よりもはしゃぎたいと思います。

さて気になる内容。

01.Face to Face
02.フィービー・フィービー
03.Water Front
04.夜とワンダーランド
05.リトルシング
06.Crispy love
07.キミしきる
08.Diorama-Drama
09.TEMPEST
10.SUMMER DROP
11.Page Flip

『Face to Face』『Crispy love』『TEMPEST』を除いた8曲が新曲。音楽のことはやっぱり小学生並みの感想しか生まれないのですが、今回も今までのシングル、アルバム曲たちとは違うスタイルが集まったと思います。

個人的には『Water Front』からの『夜とワンダーランド』、『リトルシング』の3曲の続きが好き。『キミしきる』は歌詞考察班を直球で殴ってきてるし。

 

『Diorama-Drama』は有識者仮面ライダーのOPをほぼ全部作詞してると聞いたので適当な仮面ライダーのOP映像に流してみたら割と合ってました。ダンスチューンと仮定するか、『Taste of Marmalade』のような形になるかはお披露目次第。

 


石原夏織「SUMMER DROP」MV short ver.(2nd Album「Water Drop」収録曲)

MVの既視感はTWICEと言われてなるほどな~となりました。

ラブSUMMER DROP

 

 

『Page Flip』、どことなくハッピーリンクみある(ない)、〆として明るいところとかがそう見えるのかな。これアンコールに歌詞とか出して歌ったらオタク爆発るんじゃないかな。3分半しかないからあっという間に駆け抜けていきそう。

 

名盤ですね(語彙を失った感想)

皆さんも買ってください。むしろ送り付けられるで住所ください。

 

 

言い忘れてた。

通常版のジャケットが一番好きです。

 

②今年の推し漫

 

魔王を倒した勇者一行の魔法使い・フリーレン。彼女はエルフで長生き。勇者・ヒンメルの死に何故自分がこんなにも悲しむのかわからず、人を“知る”旅に出る。僧侶・ハイターが育てていた少女・フェルンを、ハイターの葬送と共に仲間に加え、魔法使いの二人旅へ…本格“後日譚(アフター)”ファンタジー!!

 

舞台はもう「魔王が倒された世界」で、平和になった世の中。

魔王を倒した勇者、戦士、僧侶、魔法使いの4人パーティ。10年間の冒険が終わるとき、魔法使いでエルフのフリーレンだけは「短い間」と言い、勇者に「短い?何を言ってるんだ?10年だぞ?」と言われてしまう。

 

エルフは人間よりもとても長生きなことで、

時間に対する認識の差が大きく違っている。

 

やがて50年が過ぎ、人間である勇者はその生涯を終えます。そして勇者の死に立ち会ったとき、フリーレンは初めて10年の冒険の大切さを知るのです。

 

ここのシーンの涙がね、もうすでに胸にきてしまいましたね。

そこから魔法を集める旅の目的に「人間を知る」ことを増やし、各地を巡っていく…という始まり。

 

いや~、エモい。エモエモの実(台無し)

途中途中セリフのないなんてことない日常を描いていくだけのコマが続いたと思ったら次のページでは4年経ってたり半年経ってたり、勇者と別れて50年とか勇者が亡くなって20年とか、一気に飛ぶんですよ。そこもフリーレンのいう「短い間」を読者も感じれるようになってるのではないでしょうか。

 

あとこのフリーレン、見た目よりもかなりものぐさでダメ人間(エルフですけど)ムーブをしていて愛着が持てる。旅に付き添ってくキャラもこの後出てくるんですけど、ツッコミ役に回ったりしてそのやりとりも面白い。

 

間違いなく次にくるというか、ジワ~っと売れてほしいなと思ってます。

 

サンデーは去年は『ゆこ』が終わってしまって無能!って暴れてましたが、間違いなくいい作品に出会えたなとニコニコしてます。2巻以降も期待していきたい。

 

 

閃の軌跡を僕の中で完結させたい

 

英雄伝説 閃の軌跡IV - PS4

英雄伝説 閃の軌跡IV - PS4

  • 発売日: 2018/09/27
  • メディア: Video Game
 

 『軌跡シリーズ』といえば日本ファルコムから発売されているRPGシリーズで、今までに『空の軌跡』シリーズが3作、『零の軌跡』シリーズが2作、そしてこの『閃の軌跡』シリーズが4作出ていました。

僕はもう10年以上前なのかな。PSP版の空の軌跡の体験版をやってハマり、そこから新作が出ては発売日から噛り付いてやるというくらいにはファンでした。

 

ただ『閃の軌跡Ⅲ』から据置型ゲーム機、いわゆるPS4限定で発売されてしまい、僕がハマっていたのは「携帯機(PSP、Vita)でできたから」ということも嫌でも突き付けられてしまっていました。

しかし今年、『Ⅲ』がNintendo Switchでリメイクされ、運よくSwitchを持っていたこともあり、ようやく「空白の時間」を埋めていけるようになりました。

そして『Ⅲ』をクリアしたそのラスト。

…これすぐ『Ⅳ』やらなきゃダメじゃん… ということで色々あってすぐ購入。

お休みの日に時間取りながらほんの少しずつプレーしております。

 

クリアできた暁には少し書いていけたらいいな。

今まで「Reinford」と垢の名前に付けておいてプレーしなかったことが甘えですからね。

 

④ガルパ始めました

 

おそらく一番意味わかんないと思いますが始めました。

理由はデュエプレの4弾環境がありえんつまらなくて一時放り投げてやるアプリを探していたからです。割と安直。

以前の僕なら絶対やらなかったんですけど、去年アニサマRoseliaの予習をしまくったやつが行き場をなくしたり、みっくとともよさんが一緒のバンドがいるということを割と最近知ったので一念発起してやるか~となった次第。

 

…感想はというと、まぁ~好きな人はのめりこみそうといった感じ。

ストーリーをとりあえず読んだのですが、どこのバンドもボーカルが頭おかしかったりめんどくさい性格していたり個性的なメンツですね。そして拗らせたやつらのエピソード。世が世なら音楽性の違いで解散しそう。しかし優しい世界。

 

でもやはり一番は頭がおかしい ”個性的な” みっくとともよさんがいるハロー、ハッピーワールド!」ですかね。

 f:id:Ishiharide:20200822025430p:plain

DJのミッシェルが一番意味わかんない存在なんですけど、一番キャラとしては好きですね。陰で支えたり、メンバーの暴走にツッコんだり、2つの顔を忙しなく使い分けたり…ええ娘やん。

 

曲はなんかどれも織田あすかって人が作詞してて労力やば~(小学生感想

アイカツフレンズ!の話ですが、楽曲は松原さらりさんが全曲作詞してたのに対しこのアプリはひっきりなしに新曲ばっかなのでそんな作詞できるアイデアは凄いな~となったし、同時にさらりさんの大変さを今になって勝手に慮っております。ごめんよ。

 

『夏のドーン!』ややはり松岡が歌っていたこともあり『熱色スターマイン』辺りが好きかなあ。音ゲーとしてできない曲は苦手になりそう。音ゲーあるある。

 

 ネタとして始めたけど今はログボだけ貰っています。だいたいルールはわかったゼ☆ということで。

 

f:id:Ishiharide:20200822025354p:plain

お暇な方はフレンド登録お待ちしております。


⑤ついで

ガルパとは関係ないけど音楽つながりで、最近水瀬いのりさんの曲をプレイリストに追加しだしました。

古くから「水瀬いのり聴いてください!」と友人に言われ続けたのですがなかなかやらず過ぎていました。4月に『FUN'S PROJECT LAB』が始まった前番組に『水瀬いのり MELODY FLAG』がやってることもあり、この際だから一気に入れよ!とこれも一念発起。ニンゲン、動くときは一瞬。

 


水瀬いのり「Starry Wish」MUSIC VIDEO


水瀬いのり「harmony ribbon」MUSIC VIDEO

 

ざっと聴いた感じこれと『Innocent Flower』かなあ。曲によっては夏織さんにも作詞を提供してる人とかいて割と発見でした。

かっこいい曲とかこういう曲に弱い。

TRINITYで唯一ブロックしてない人気がある声優さんですが今までどういった曲を出していたのか寡聞にして知らなかった(使いたいだけ)ので、やはり開拓も大事ということが最近になって分かってきました。遅い。

 

 

おすすめの声優さんの楽曲があればぜひ教えてください(乞食)

 

 

ひとまず来週松岡のイベントが開催される?ようなのですが、

果たして感染しないだろうか…という不安が未だにありますね。ここで気を緩めていいのか、はたまた対策を万全にしても感染してしまうならもうイベントなんてできないのでは?という疑問もありつつ。

すぐ行ってすぐ帰るヒット&アウェイのような形にするしかないかな…

 

攻撃しないけど。

 

 

 

 

 

 

聴く

 

STAY HOME WEEKも終盤にさしかかり、そろそろ家でやることがなくなってきた3人くらいの皆さんに捧ぎます。

 

皆さんは「○○選」とか書かれているブログをクリックしたことがあるでしょうか?

 

例えば「地名 お土産」で検索すると大体上の方に

「これだけは外せない!○○(地名)のお土産〇選!」みたいな謎のまとめブログって沸くほど出てきますよね。

あれってクソみたいな内容しか書いてないんだけど、とりあえず何かしら手掛かりが欲しいので1つくらいはクリックしてしまうから結局術中にハマってしまうやつ。

 

 

あれ自分がやってみたらどうなるんでしょうか?

と考えてみたものの、自分が10選できるようなネタがないことに気づいた。

 

おしまい。

 

 

 

 

 

 

 

…ではつまらないので、1つだけ作ってみました。

題して…

「自粛期間中に聴きたい石原夏織さんのキャラソン

 

いや、自粛期間じゃなくても聴いてほしいんですけど。

本当はGW初めに書いちゃって「GWに聴きたいキャラソン!」みたいにしちゃおかな~的なノリでしたが筆の遅さと文章力のNASA(星空ではない)でGWが終わってしまいました。

m〇x(伏字とさせていただきます)よりも普通の歌!ということで。

 

 

はい、キャラソンですね。

シングルは今までの活動からもう皆わかってるというか、デビューから最新シングル『Face to Face』まで、ほぼ全てがアーティスト・石原夏織の新しい境地!みたいに感じて、何でもできるやん!とか以前のブログに書いていた気がします。

 

 

では、キャラソンってどうなのか? 

 

キャラソンの魅力…については言うまでもなく「そのキャラ(達)のイメージで作られている」ことで、「声優・アーティスト」としては2の次くらいに考えられてるため、「普段とは違う曲構成」ひいては「そのキャラのことを考えて歌う」ことで普段とは全然違う歌になっている!といった特徴があります。

 

ただ、キャラソンのデメリットは昔放送されたアニメのキャラソンって、そのアニメが終わっちゃうのと、時間が経つことによって忘れ去られることが多いと思うんですよね。 もちろん古参老害おじいちゃんオタクの人はそんなことないよ!バーカ!で済む話なのですが、「まだ知らない良い曲」って新鮮じゃないですか。

 あとはそもそも触れる機会が少ない。BDに同梱されているCDだとか、そのアニメのアルバム買うとか自分でアンテナ張らないとまず聴くチャンスすらない。ましてや興味の薄い声優とかだったらなおさら。

 

 

 そんな色々なキャラソンの変遷とかも考えながら、今回は少し選んでみました。

 

 

 

本人に対しても、活動初期の頃と現在では大きく歌い方が異なっていると思います。幅が広がっているということも考えられますが…


ゆいかおり「Our Steady Boy」MUSIC VIDEO(short ver.)

 

で、このあたりから確実に違ってくる。(2014年)

 


ゆいかおり「LUCKY DUCKY!!」MUSIC VIDEO(short ver.)

 

そして現在


石原夏織 1st Single 「Blooming Flower」MV short ver.

 

一言で言えば先述の通り「歌声・歌い方が変わってきている」

深くは書く気がないので、それも踏まえながら見ていきましょう

 

 

 

<<選考基準的な何か>>

・ソロに限定しない(ただし把握しきれてない可能性がある)

・アニメの主題歌的曲は選ばない(みんな知っているので)*1

・順位は設けない(甲乙つけられるほど音楽に詳しくないので)

・音楽の構成については語彙がない(音楽に詳しくないので)

・そもそも音楽の知識がない(上二つ無駄)

 

というわけで音楽の有識者に怒られないためには直感と僕の偏見で選ぶ必要があるようです。企画倒れ。

では、行ってみましょうかね

順番は…世代順が基本だけど?といったところで。

 

あとリンクとか貼っていいのかなと思ってしまったけど、聴いてほしいことには変わらないので今回は貼ります。

 

 

 

 

 

 

1Ultimate Silence.(『緋弾のアリア』)


高音質 Ultimate Silence. レキ 緋弾のアリアキャラソン

 1曲目から年代=歌い方から外れているの選ぶやつ~。レキがクールめのスナイパーキャラということもあり、抑えてるように見えて・・・といった感じです。こっちのレキは10年以上前の振り返りとかしないですしね

 ささやいてる感じに歌っていってからの3:00~の大サビがずるい。

ちなみに最初から絶対イヤホン推奨です。聴けばわかる。

 

 

2トモシビfeat.柳田光康(『オカルトメイデン』)

www.nicovideo.jp

初期のキャラソンのおすすめですね。歌い方と曲がすごく合ってて盛り上がる。

ニコニコのリンクが上手く貼れずに飛んでもらうの申し訳ないけど、僕は隠れた名曲だと思っています。アプリは全く配信しなかったけど。

これも最後のサビにむけてどんどん音が高くなっていくところがおおおお!!(語彙喪失)ですね。 『雨模様リグレット』の「笑顔~」の部分といいこれに弱い。

 

 

3ベロペロネ(『凪のあすから』)


Sayu Hisanuma Character Song - Beloperone (ベロペロネ)

 上二つが「歌い方」中心でしたが、これは「歌詞」が良い。歌詞からのこの歌。たまんないっすね・・・

ベロペロネ(コエビソウ)の花言葉を調べると「女性の美しさの極致・思いがけない出会い・可憐な人・ひょうきんな・おてんば・機知に富む・愛嬌・友情」とありまして、歌詞とのね、うん。

 

全部楽しんでいただくためには『凪のあすから』を見て頂く必要があるのですが、凪あすも絶対見てほしいメイン作品なので、併せてよろしくお願いします。

 

久沼さゆちゃんは本質。

 

4ハーモナイズ(『ガールフレンド(仮)』)

 


【ガールフレンド仮 キャラソン3】「ハーモナイズ」/小倉唯、石原夏織

お前これ選ぶのか!?枠だと思いますが、選びますね。

kzさんって曲だけで強いと思うんですよ。 

 

ユニット時代にこういうシングルが出てたら好き~って言ってたんだろうな~

 

 

キズナSparkling World(『モンソニ!』)

 


モンソニ!キズナSparkling World【ダルタニャン転け無し】【高音質】歌詞は概要欄↓

 二つの光…とか抜きにして、曲が強すぎる。

ゴリゴリEDMっぽさとアイドルソングっぽさがマッチしてて、ライブハウスとかでかかると飛び跳ねていきたい、めっちゃ盛り上がる曲です。

 

すでに松岡現場で3回くらい飛び跳ねていました。実行犯ですね…

 

アイカツスターズ!』で言えば『episode Solo』や『Bon Bon Voyage!』、『Jewel Star Friendship☆』がこの系統に入るでしょうか。


【アイカツスターズ!】ED episode Solo

 


【楽曲】Angely Diva「キズナ Sparkling World」【モンソニ!|モンスト公式】

ちなみに松岡というか歌のお姉さんたちが歌ってるバージョンもありますので、こちらも併せてよろしくお願いします。

 

 

6Cherishing the memory(『ソードアート・オンライン』)

 


Sortiliena, Ronie, Tiese : "Cherishing the Memory" / Symphonic Alicization Orchestra #3

 ティーゼ、ロニエ、ソルティリーナの3人で歌う曲。

 イントロの「ハーウーー」からの壮大に広がる感じ。シンセサイザーとかなのかな?

2番から潘さんが入ってからの展開も素晴らしい。これも隠れた好きな曲枠。

 

作曲のebaさんは『CREATION×CREATION』に携わっていた方なら少しなるほど!!

ってなりますでしょうか。

 

 

あとは…  れいれい、歌はいいのに…

 

 

7ささやかな光(『色づく世界の明日から』)


ささやかな光 / 月白瞳美 (石原夏織)

 もう僕から言うことがありません。

完成形と言っても良いのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

さて、ここからは一気に知名度が低くなるんじゃないでしょうか?

 

8Search the Blue Moon Light(『十字架Ⅲ』)

 


ジェシカ(石原夏織) Seach the Blue Moon Light

 だってパチスロの曲ですからね?????当時はパチやるか…とかふざけて言ってたの懐かしい。

中二溢れるこういったファンタジー系のキャラソンって思ったより少ないから貴重だと思うんですよ。まあ基本キャラソンってラブコメ系の方が作りやすいですからね(偏見)

あと最初の…おっとここは書いちゃいけないですよね。

スロットやったことないけどアプリでできるらしいから演出だけ確認しようかな。下手くそでできなさそうだけど。

 

 

9風、プロトコル(『CR緋弾のアリア』)


風プロトコル

 『緋弾のアリア』から2曲目。こちらはパチスロです。

①で提示した『Ultimate Silence』より起伏は少なめですが、静かな中でもすべて好き~つって語彙を失いますね。失ってるのはお前の脳みそ。

 

ちなみにCDは手に入りにくいのですが、配信サイトとか探せばダウンロードできるので、ぜひ探してみてはいかがでしょうか?

 

 

10キミのものに・・・(『CR緋弾のアリア2』)


CR緋弾のアリア2 BGM 「キミのものに・・・」 FULL

 

まさかの3曲目。

バラード(の、くくりでいいんだよね)〆に選んだのは今までの盛り上がる曲、しっとりした曲、恋歌のようなものも歌えながら、こういった曲も歌っていることの幅広さと、そして無限の可能性を提示したかった。これからもお願いしますポニーキャニオン様~

 

 

 

 

☆まとめ(まとめてない)

 

いかがでしたか?(ブログでよくあるいかがでしたか?表現

 

 パチ曲が良曲揃いで困っちゃう。

というかレキで3曲埋まってしまったけどレキ好きなのでは?

いや、まあ好きなんですけど。

 

「歌うのが好き」「踊るのが好き」と言っているから、こういった機会に恵まれているのは本当に聴いてるだけの私にとってはものすごくありがたいことですし、まだまだ歌ってほしい!という欲張りな感情もあって、ワイくんオタク卒業できねえよ…

 

キャラソン自体はやはり著作権とかもろもろで歌えることはほぼないと言っても仕方ないのですが、「曲」なんでね、人々の耳に入らなければその時点で消えてしまうわけで。一回でも聴ければ、その旋律がその人の耳の中に、心の中に刻まれていくんじゃないかという期待を込めまして、とりあえず10曲を選んでみた次第です。

 

もちろん、今回選んだ曲の何倍以上もの曲を夏織さんは歌われていますので、興味のある方は配信サイトとかで回って、自分の好きな曲を見つけていってほしいかなと。

 

また自分はこれが好き!とかあれば個別で聞けたら嬉しいかな?

ほかの声優さんのキャラソンはほぼわからないので、そういったのとか。

 

 

終わり。

 

 

*1:知っている前提で話し出すキモオタク

安村

新型コロナウイルスの影響でイベントが大体中止になっていき、週末にというより日々の楽しみが失われつつある昨今。やっぱり自分はイベント大好きなんだなあということを実感させられていきます。ただ宣言期間が終わったとしても、5月中はまだ行かない方がよさそう。6月は情勢次第かな…あっ、そもそもイベント無いよな~(ここで記憶を改竄

 

 

と、いうわけでイベントごとに苦手な文章を打つ努力をしてはいるこのブログですが、書くことも特に無くなってしまったので、"ある漫画"について書いてみようと思います。

 

その名も…!

 

 トニカクカワイイ』!!!!

 

いや~素晴らしいマンガですね。

ハヤテのごとく!』の畑健二郎先生の最新作にして、作者が婚約したすぐ後に連載された「嫁が可愛い!」漫画です。なんかその前にもう一個連載してたような気がしましたが、詳しいことは忘れました。

 

azuki37-25g.blog.jp

当時の僕は覚えていたみたいです。ってか2年何も動いてないのか…

1巻が出てすぐにご祝儀として読んでボロクソ書いてますが、折角買ってしまったのだから1巻だけで判断するのはよくないのでは?というツンデレ興味がありましたので、10巻まで買ってみてます。あほか。

アド何とかはそもそも2巻から出ることがないので1巻でボロクソ言うしかありません。

 

10巻ならさすがに判断つくのでは?ハヤテだって10巻だとヒナギクが祭りの夜に生徒会室で好きなんだ~!!ってなってた初期の良さがあった頃ですしね。そのあとから50何巻まで続くとは一切思ってなかったのですが。

 

ではいってみましょう。

 

あ、ブログってことで主観とか自分のノリで自由に書いていくので、本当に作品の信者はもし世界のどこかで検索してここがヒットしたとしても(ない)ここで読むのをやめとくべきだぞ~

 

 

 

簡単なあらすじ(サンデーより)

星空と書いてナサと読む… 勉強はできるけれどちょっとアレな少年・ナサは、高校受験を目前にしたある日、とにかく可愛い少女に出会う。が、その油断で交通事故に遭う… とっさにナサを助けた少女・司に、とっさに告白したナサ。答えは「結婚してくれたら付き合う」でした。 その後、18歳になったナサの家に司が現れる。ナサは「彼女」ができる前に「お嫁さん」ができてしまった… ナサの両親に挨拶を済ませ、気分新たに二人で帰宅したらアパートが全焼。でも大丈夫。有栖川家にお世話になりながら、とにかく可愛いお嫁さんとのイチャコラ夫婦生活が展開されるのです!! いろいろ謎はあるけどそれは追々…愛と幸せの夫婦コメディー!!

 

追々がどう考えても遥か先になりそうなあらすじですね~

そして一巻ごとに読んでみた感想でも書いてみますか。

 

 

1巻

あらすじ通り出会いと結婚。同居生活が始まり、ド〇キで布団を買う。

 

2巻

サブキャラがどんどん登場。風呂屋が舞台の時も多くなる。

 

3巻

新婚旅行と題し、主人公の両親にご挨拶するために奈良へ。

 

4巻

帰ってきたら家が全焼してたので、風呂屋の離れに住むことに。

 

5巻

タコパ、水族館、ライン、夜の散歩。

 

6巻

高校生の男キャラが登場。猫を授かる。遊園地デート。

 

7巻

なんかめっちゃキスする。

 

8巻

2人で風呂に入る。主人公が風邪をひいて嫁が看病。

 

9巻

草津旅行でまた2人で風呂に入る。エアコンが入る。

 

10巻

ハイキング。 司が結婚した理由が少し明かされる。

 

…全部1行で説明できてしまった。

ふざけてはないんですけど、実際それくらいしか書けることがない。 

 

 

  • ストーリーとしてはどうなのか?

ゆっくりと進んでるのかなとは。 夫婦としての生活が始まり、生活を整えるところ、他人に報告するところ、なぜ結婚したのか?という疑問と、これからの展開に対する一抹の不安…そんな感じ。まあほとんどイチャイチャラブコメなんですけど。

 

 

ストーリーとして一番気になってるところは、あるところを境に漫画の描き方が「一変している」ところです。

それは2巻の15話から。2人が月の石どうのこうので騒ぎになって教会で2人だけでキスして誓い合った話から…



ここで、単行本を”上から”見てみましょう。

 f:id:Ishiharide:20200418164003j:plain

 

この下から2番目の2巻を境に、真っ白なんです。


これはここから先のページ全てが、見開きとか各話の扉絵を除いてすべて「枠の中」で描いてるんです。嫁が着替えたシーンとかでぶち抜きの手法はあれど、それ以外は全て。びっくりです。試し読みで参考画像⇒https://shogakukan.tameshiyo.me/9784091285577

 


これが10巻の最後の方でようやく嫁の過去の話(2ページほど)で黒く塗られるまでずっとこんな感じでした。

何の意味があるのか?考えてみた説としては


・星空と司の幻想的、虚構の世界である

・話が動き出す(司に何かが起こる)のを境にこれが無くなる

・時空を何かしらで歪めている


…のように、意図的に仕組まれている可能性が挙げられるかなと。

これで何も考えてません!だったらそれが一番手抜きで面白いので何も考えてない方向でお願いいたします。

 

 

主人公の星空くんは頭が良すぎてそれ以外のところでちょっとずれてるところは、ハイスペックだけど不幸体質みたいなハヤテくんのようなタイプなのではないでしょうか。ハイスペックすぎてトラブルを全て自分で解決してしまうので、山場という山場は全て潰されているのですが。

ただ驚いたのは、嫁の実体を何となく察知しているところですね。頭いいけど鈍感主人公とかではなく、察しながらも今、この時が幸せならそれでいいという割りきった考えは、ある意味で感心できるかなと。


 

キャラとしては、風呂屋の番台を務めている後輩・有栖川要が一番いい子なんだなと感じましたね。本編でも1コマだけあるのですが、主人公の星空くんは司さんとのノロケや話を割と臆面もなく話していくタイプで、普通そういうノロケ話ばっかする人ってなんなんだってなるじゃないですか。

例えばTwitterの中にでも彼女とか嫁が~とかで話始めてペラペラ聞いてもないことを喋ってるタイプっているんですよ(別にそれ自体は気にならないが、そういう時に他を貶し始めることがたま~にあるんですよね。

そこを「そうなんスね~」って言いつつも流すわけではなくちゃんと聞き入れてくれる。いやいい子やん。たまにエロネタでいじってくれるのも優しさあってこそなんだろうな~。

 

 

  • 嫁は本当に「とにかく可愛い」のか?

これは正直な話、可愛いと思います。 冷徹で感情がないキャラがどんどん和らいでいく感じかと連載前は予想していたのですがそんなことはなく、多趣味で、笑顔や恥ずかしがる姿も多くで感情豊かな描写が見受けられます。出会った一番最初の時とは大違い。オタクキャラにしたのはナギ同様動かしやすいからなのかな…

 ただ千年以上生きている(仮定)話、人の為してきた行為や感情の機微に敏感なところで、ナサくんと衝突する日とかがくるのでしょうか。


 

  • 単行本のおまけは?

この漫画の単行本は「〇.5話」と称して、本編の展開の流れから夫婦がイチャイチャするだけの話が1話まるまる描き下ろしで収録されています。それは寝る前ににキスしちゃったり、抱き合って○○しちゃったり…とおおよそサンデー本誌ではできないようなことをやってますね。

求められてない上に、畑先生の今の絵ではエロくはないんだよな。イチャイチャ専用話。

カバーをめくると何か見たことあるキャラたちが掛け合い漫才してますがまあファンサみたいなものでしょう。質問コーナー答えてみたは伏線が少しだけ入ってるのかも。

 

 

  • これからの展開は?

10巻の最後で「なぜ司は星空と結婚したのか」が明かされて、次は「人はなぜ結婚するのか?」みたいな話とかじゃないでしょうか。畑先生は1話のバックステージで結婚についてめちゃくちゃ語ってますし。

なんかのゴタゴタで司が月に帰るだの消えるだのになったら、NASAより速く~とか言いながら宇宙とか行きそう。月でなんかするとかサンライトハートからのヴィクターを思い出しますね。

 

 もしかしたら途中でアドryが連載再開して話がリンクする壮大な物語かもしれないしね!(ない)

 



  • 僕のまとめ

 結局何が一番いけないかというと、連載を一個ほっぽって嫁が可愛いマンガを描いてることに尽きるんですよね。作風はこうじゃないと描けなさそうだしSFとか向いてないと思います。王玉とか引っ張った挙句ただのめんどくさい品物ってだけだし(超極端解釈)

 

 ただ、少年漫画の点から見ると、「結婚した後」を題材にしたラブコメはいい考えだと思います。ラブコメは大体付き合って終わりか、最終話に申し訳程度の後日談くらいで、「ゴールから先の甘酸っぱいイチャイチャが中心」って漫画は近年あんま見ないと思います。何かあったら読むので僕に紹介お願いします。

本当にイチャイチャを楽しむ漫画なんだな~と改めて認識しました。ここまできたらブックオフとかに売らずに完結するの待つか。

 

 

相手の漫画を否定しない(している)、客観的整理(できていない)、具体的な解決策(アドryを終わらせろ)の提案。

この記事も全部クラウドに上げればいいですかね?

 

 

終わり。